カテゴリー別アーカイブ: 論集

『ギリシャ哲学セミナー論集』 Vol. XIV (2017)

哲学のすすめ (Protreptikos) / なぜいまギリシャ哲学か  ―回顧と展望― 〈主題研究〉 活動としてのテオーリアー ―アリストテレスからキケロへ― / 近藤 智彦 [1-18] ソクラテ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』 Vol. XIV (2017) はコメントを受け付けていません。

『ギリシャ哲学セミナー論集』 Vol. XIII (2016)

アリストテレスの動物学 〈主題研究〉 『動物誌』における「最大類」について ―『動物誌』第I巻第6章490b7-491a6 読解― / 伊藤 雅巳 [1-13] 古代ギリシャにおける二つの生命概念、ゾ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』 Vol. XIII (2016) はコメントを受け付けていません。

『ギリシャ哲学セミナー論集』 Vol. XII (2015)

プラトンのコスモロジー 〈主題研究〉 プラトン『ティマイオス』における天体の運動について / 中村 健 [1-17] 宇宙の造り手とは何か ―プラトンのコスモロジーのなかのデーミウールゴス― / 瀬口 … 続きを読む

カテゴリー: 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』 Vol. XII (2015) はコメントを受け付けていません。

『ギリシャ哲学セミナー論集』 Vol. XI (2014)

ソフィスト思潮 〈主題研究〉 哲学的弁論術と第二のソフィスト術 / 堀尾 耕一 [1-15] 国制を見る眼 / 高畠 純夫 [16-28] プレオネクシアという欲求 / 長友 敬一 [29-40] 「 … 続きを読む

カテゴリー: 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』 Vol. XI (2014) はコメントを受け付けていません。

『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol. X (2013)

アリストテレス『分析論(前書・後書)』 〈主題研究〉 『分析論前書』B21における「知と不知」の問題 ─アリストテレスによる『メノン』注解― / 河谷 淳 [1-14] キオスのヒポクラテスと論証数学 … 続きを読む

カテゴリー: 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol. X (2013) はコメントを受け付けていません。

『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol. IX (2012)

プラトン『法律』  〈主題研究〉 プラトン『法律』篇の混合政体における「民衆支配政(デーモクラティアー)」の真意 / 瀧 章次 [1-14] 「夜の会議」と法の支配 ─ プラトン『法律』における国制の … 続きを読む

カテゴリー: 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol. IX (2012) はコメントを受け付けていません。

『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol. VIII (2011)

ヘレニズムの哲学  〈主題研究〉 ストア派の「詩学」 / 樋笠 勝士 [1-15] ストア哲学は禁欲主義か /  山口 義久 [16-24] カルネアデスの反正義論の射程 /  近藤 智彦 [25-3 … 続きを読む

カテゴリー: 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol. VIII (2011) はコメントを受け付けていません。

『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol. VII (2010)

アリストテレス『弁論術』『詩学』 〈主題研究〉 アリストテレス『詩学』における叙事詩論について / 佐野 好則 [1-16] アリストテレス『詩学』と(その)アダプテーション / 若林 雅哉 [17- … 続きを読む

カテゴリー: 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol. VII (2010) はコメントを受け付けていません。

『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol.VI (2009)

プラトン『ゴルギアス』『プロタゴラス』 〈主題研究〉 カリクレスとの対話においてソクラテスは何を達成しているのか / 田中伸司 [1-14] 『プロタゴラス』と『ゴルギアス』における快楽説 / 中澤務 … 続きを読む

カテゴリー: 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol.VI (2009) はコメントを受け付けていません。

『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol.V (2008)

初期ギリシャ哲学 〈主題研究〉 ゼノンによる無限分割と時間における<今> / 永井龍男 [1-16] ソクラテス以前のポリス—プラトンとペリクレス / 森一郎 [17-33] ピュタゴラス学派の学問論 … 続きを読む

カテゴリー: 論集 | 『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol.V (2008) はコメントを受け付けていません。